スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「mixi年賀状」にセキュリティホール?

相手の住所や本名を知らなくても年賀状が送れる「mixi年賀状」ですが、住所や本名が相手にばれてしまう危険性があることがわかりました。



『mixi年賀状』にセキュリティホール!?【トレビアン】
2008年12月28日19時15分 / 提供:トレビアンニュース
『mixi』が日本郵便と組んで始めたサービス『mixi年賀状』、これはマイミクが自分の住所を相手が知っていなくても年賀状を受け取ることができるというサービス。
通常は差出人が受取人の住所書くのだが、『mixi年賀状』は受け取り時に受取人の方で住所を入力するため相手に住所がわからないようになっている。


先ほど家のポストを見てみると『mixi年賀状』が届いていた。
少し早い年賀状だと思いよく見てみるとそれは自分がマイミクに出したものだったのだ。

年賀状には以下の様にかかれており差し戻しされていた。

「配達準備中に調査しましたがあて名不完全で配達できません」

これは自分がマイミクに年賀状を出した際に、相手が住所の入力を間違えたのが原因だ。
実際住所を確認したところ一部の番地が抜けており配達できなかったようだ。

さて、ここで問題が発生。
『mixi年賀状』はマイミクに自分の住所を知られなくても受け取れるのがメリットだったわけだが、こうして相手のところに戻ってしまったら住所がわかってしまうのだ。
実際に戻ってきた年賀状には本名と住所、住んでいるマンション名まで書かれている
http://news.livedoor.com/article/detail/3957578/





自分の住所を、郵便物が届かなくなるぐらい間違える可能性は低いと思いますが。


また、年賀状が戻ってきたということは、差出人が自分の住所と名前になっていたわけです。

「ミクシィ事務局を差出人にする」ということもできるので、親しい人以外の場合はそちらを選ぶでしょうから、年賀状が戻ってくるということ自体がまれだと思います。


ちなみに、「mixi年賀状」の注文は2009年1月15日まで、受け取り手続きは2009年1月20日まで可能です。





関連ニュース

DeNA、ミクシィなど携帯新サービス 贈り物、住所なくても配達
12/26 11:40 フジサンケイ ビジネスアイ

 ネットサービス各社が、相手の住所を知らなくてもギフトや年賀状を送れるサービスを相次いで導入している。プライバシー重視の考えから、住所を教え合わない風潮が強まる一方、親しい人には何かを贈りたいというユーザーが多いと判断したためだ。商品を提供する大手デパートなども、新たな販路を開拓できると期待を寄せている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/208002/

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。