スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『あたし彼女』(kiki著)を読んでみた

第3回日本ケータイ小説大賞を受賞したという『あたし彼女 』(kiki著)を読んでみました。

携帯電話で読むのはあまりにも大変そうなので、PCで。


http://nkst.jp/vote2/novel.php?auther=20080001


PCではハートマークとか、絵文字が表示されないので、ケータイで読めるならその方がいいでしょうね。


タカビーで淫乱(いいすぎか?)な女(アキ)がひとりの男(トモ)を一途に愛するようになっていくというような話。

途中でハッピーエンドになりそうになりながら、終わらないところがよかった。

人を愛することってすばらしいですね。

枯れている僕は、そんなに人を愛したことは未だに無いかも。


400ページ以上あるんですけど、非常に読みやすく面白かったです。



いずれ出版されると思うのですが、この改行が多い文章をどういうレイアウトにするんでしょう?


ケータイ小説大賞 kikiさん「あたし彼女」が大賞受賞
9月24日17時52分配信 毎日新聞
 第3回日本ケータイ小説大賞・源氏物語千年紀賞(毎日新聞社、スターツ出版の実行委員会主催)の発表と表彰式が24日、東京都内のホテルで行われ、大賞にkikiさん(23)の「あたし彼女」が選ばれ、賞金200万円が贈られた。同作はTSUTAYA賞、JOYSOUND賞にも選ばれ、トリプル受賞となった。
 「あたし彼女」は今時の若者言葉を多用した今までにない文体で、切ない恋心をつづった。審査委員長を務めた作詞家、秋元康さんは「言葉のリアリティーがすごい。こんな小説は読んだことがない」と絶賛。また、ケータイ小説が好きという卓球選手の福原愛さんが登場し、大賞受賞者に花束を渡した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000015-maip-soci





関連ニュース

瀬戸内寂聴さん 名前を隠して初のケータイ小説
9月24日17時50分配信 毎日新聞
 文化勲章受章作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが、86歳にしてケータイ小説に初挑戦、ケータイ小説サイトで名前を隠して書き上げたと24日、発表した。「ぱーぷる」のペンネームで、女子高生ユーリのいちずな恋を描いた「あしたの虹」。10代、20代の女性たちが等身大の物語を書き、女子中高生が読者の中心というケータイ小説に、大物作家が切り込んで、大きな注目を浴びそうだ。
 「あしたの虹」は携帯電話で読むケータイ小説サイト「野いちご」で5月に掲載スタート。今月10日に完結した。横書き、短い簡潔な文章、若者言葉など、今までの瀬戸内文学とはまるで異質の作品になっている。今年は源氏物語千年紀でもあることから、源氏の現代語訳で知られる作家らしく、主人公ユーリが恋する相手の名を「ヒカル」とするなど、源氏をモチーフにした。筆名ぱーぷるは紫式部にちなむ。恋愛だけでなく、家族のきずなが感じとれる物語になっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000014-maip-soci


瀬戸内寂聴さん、86歳でケータイ小説に挑戦
2008年09月26日 16時55分 更新
「読んでみたら売れている理由が分かった」――瀬戸内寂聴さんが初めてケータイ小説を執筆。ヒカルという名の少年を出すなど、源氏物語の要素を織り込んでいる。(ロイター)
 「この年になると面白いことがなくなる。ケータイ小説を書くという初めての経験はとてもワクワクした」との瀬戸内さんのコメントを日本の新聞は伝えている。
 作品は「明日の虹」というタイトルで、両親の離婚で心に傷を負った女子高生がヒカルという少年に恋をする話。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/26/news091.html



「あしたの虹」

http://no-ichigo.jp/read/book/book_id/89873


あしたの虹
ぱーぷる (瀬戸内 寂聴)
あしたの虹
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。