スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念力ゲーム?

「念力」というか、「脳波」を測定してキャラクターを動かせるようなゲームが発売されるそうです。

すごいことができるものです。


やがて、考えるだけで自動車の運転が可能になったりするかも?


昔、Dr. Cat's Paw (ドクターキャッポー※)とかいうアヤシイ脳波測定装置(?)があったけど、そんなのとは全然違うんでしょうね。


※ドクターキャッポーとは、勉強に最適な状態になっているかどうかを測定する機械です。雑誌に広告が載せられていて、通信販売で売られていました。

機械の上に手を載せると、緑や赤のLEDのランプが点くというもので、緑なら勉強に適する状態、赤なら勉強に適さない状態になっているということがわかります。赤だった場合は、テープを聴いて精神を落ち着けると、緑の状態になったようです。

たぶん、脳波とは関係なく、手の抵抗の大きさ(手のぬれ方)で緑・赤が決まっていたのだと思います。発汗に基づくウソ発見器や体脂肪計みたいなもの?




念力ゲーム、日本にお目見えへ=精神集中度を電気信号に変換
 【シリコンバレー26日時事】精神集中度を電気信号に変換し、「念じる」だけで仮想空間上の分身を思いのままに操るビデオゲームが来年にも日本にお目見えする。基盤技術を開発した脳波センサーの米有力ベンチャー、ニューロスカイ(カリフォルニア州)が26日までに明らかにした。
 同社は、頭に装着し微弱脳波を検出、解析して信号変換する「マインドセット」を実用化。日本の大手電機、ゲームメーカーを通じ、応用ソフトとセットで日本のゲーム市場参入を目指しており、来月9日に千葉市の幕張メッセで開幕する東京ゲームショーに出展する。(2008/09/27-14:16)
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2008092700219



脳波でゲームを操作、脳波制御型のコントローラーがまた登場
【Technobahn 2008/9/19 18:38】

米OCZテクノロジー社が販売を開始した脳波を使ってコンピューターを操作することを可能とする「ニューラル・インパルス・アクチュエーター(Neural Impulse Actuator)」がゲーマーなど、一部の層で関心を集める状況が続いているが、近く、もう1社から同じような脳波制御型のコントローラーが提供されることが、サンフランシスコで開催された無線データ関連の見本市「CTIA WIRELESS I.T. & Entertainment 2008」に出展された製品のプロトタイプにより明らかとなった。

 この製品を出展した企業は米ニューロスカイ(NeuroSky)という会社。同社が開発した脳波制御型のコントローラーは一見するとヘッドフォンのような形状をしており、ヘッドフォンの前部に取り付けられた脳波センサーを使って脳波を検出。その上で、脳波を独自開発の「sSense-EMTM」というプログラムライブラリーを使って解析することで、ヒトが考えていることを具象化しようとするものとなる。

http://www.technobahn.com/news/2008/200809191838.html


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。