スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の宇宙船「神舟7号」の飛行士無事帰還

25日に打ち上げられた中国の宇宙船「神舟7号」の3飛行士が無事に帰還しました。

中国の有人宇宙飛行は3回目で、今回は翟志剛飛行士が初の船外活動(宇宙遊泳)を行いました。
アメリカ、旧ソ連に次いで、世界で3番目の快挙です。

2010年までに宇宙ステーションの建設に向けた作業を開始するらしい。

すごいです。
すごいけど、国際宇宙ステーションとは別に、中国独自の物を作ろうということですね。
協力しあった方が無駄が少ないのになぁ。




打ち上げの写真入り記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2521224/3373864



宇宙遊泳の写真入り記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2521847/3378645




宇宙船「神舟」 日本にも確かな戦略が要る(9月29日付・読売社説)
(2008年9月29日01時54分 読売新聞)
 米国でも、日本も参加する国際宇宙ステーションで、神舟を飛行士輸送に使うなど、中国との宇宙協力を模索する動きがある。
 現在の輸送手段は、米スペースシャトルとロシアのソユーズ宇宙船だ。しかし、前者は、老朽化もあって2010年の退役が決まっている。後者も危うい。
 グルジア情勢を巡り、米議会にロシアへの反発がある。ソユーズ利用の予算が十分確保されていない。シャトル退役後は、新たな宇宙船の完成まで当分、米の飛行士は宇宙ステーションに行けなくなる事態が取りざたされている。
 飛行士輸送を米国に全面依存する日本も事情は同じだ。神舟の将来構想や、米中の動向に無関心ではいられない。だが、現状は、中国との宇宙分野での情報交換さえほとんどない。
 中国の宇宙技術が軍事に比重を置いていることも、日中間での技術・情報交流を阻んできた。中国が昨年、宇宙空間で人工衛星をミサイル攻撃して破壊する実験を行い、国際的な批判を浴びたことは記憶に新しい。
 中国はさらに、資源国との関係強化のため、自国の負担で通信衛星を打ち上げて提供するなど、国益を前面に打ち出している。
 日本は、宇宙基本法に基づく宇宙基本計画の策定作業に、今秋から乗り出す。独自の宇宙開発を着実に進める一方で、中国とどういう関係を築いていくのか。知恵を絞らねばならない。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080928-OYT1T00694.htm

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。