スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボンナノチューブ配合の最強ゴム

カーボンナノチューブの研究でノーベル賞候補とも言われている信大の遠藤守信教授らが、石油採掘装置用の最強のゴムを開発しました。

カーボンナノチューブ使用だとコストがかかりそうですが、パイプをつなぐOリング(?)として使うだけのようなので、使用量は多くなさそうです。

これを用いれば、石油の供給能力を飛躍的に向上させることができるそうです。



信州大が掘削用“最強ゴム”開発 石油の可採年限が倍に
2008年9月30日 朝刊
 信州大工学部の遠藤守信教授らの研究開発グループは29日、微細な筒状の炭素物質カーボンナノチューブ(CNT)を使い、「世界最強のゴム」の開発に成功したと
発表した。石油掘削技術に応用すれば、石油の採掘量を大幅に増やすことが可能になるという。近く国際専門学術誌に掲載する。
 遠藤教授と地元企業、米国の石油調査掘削会社シュルンベルジェ社などのグループが、石油掘削用の金属パイプの接ぎ目を密封するゴムを研究。従来の素材であるフッ
素ゴムに、CNTを加えて試験したところ、260度の高温、240メガパスカル(海底2万4000メートルに相当)の圧力に耐えた。
 従来品は175度、140メガパスカル(同1万4000メートル)が限界で、これがより深い掘削をするうえで大きな壁だった。このゴムは地中深くの高温、高圧の
過酷な条件での掘削が可能で、油田の埋蔵量のうち採取できる率は現在の35%から70%に上昇することも見込める。残り40年といわれる石油の可採年限も、80年
に引き延ばすことができるという。
 関連の特許を20数件申請中で、グループは2年後の商品化を目指している。
 遠藤教授は、CNTがゴム内部に細胞壁のような構造を張り巡らし、強度が飛躍的に高まると説明。「ゴムを強くしながら、柔軟性や弾力性のバランスを保つのが難し
かった」と振り返った。
 名古屋大理学研究科・篠原久典教授(物質科学)の話 石油掘削に目を付けたCNTの応用は世界初だろう。極限状態でゴムの耐熱性、耐圧性を高めたのは素晴らし
い。いろいろなCNTを試みた結果に興味がある。
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008093002000058.html

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。