スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∞ペリペリとは?

バンダイの「∞(むげん)シリーズ」の新製品情報です。

さっき、日本テレビ「ズームインSUPER」で紹介されてました。


11月22日発売

ムゲンペリペリ スイートレッド
ムゲンペリペリ スイートレッド


何が「無限」なのかというと、お菓子の箱の開け口の「ぺりぺり」だそうです。



プチプチ、エダマメの次は……ペリペリ? バンダイ「∞ペリペリ」登場
10月2日13時28分配信 +D LifeStyle

 バンダイは10月2日、キーチェーン玩具「∞にできるシリーズ」の新作「∞ペリペリ」を発表した。お菓子などの箱を開けるとき、“あけくち”をめくるペリペリという感覚を忠実に再現した。998円で11月22日に発売する。

 累計販売250万個を突破した「∞プチプチ」、同じく130万個を突破した「∞エダマメ」に続くシリーズ第3弾。めくる部分の端が箱から少しハミ出していて、めくるように持ち上げるとペリッ…ペリッ…ペリッ…と、あの感覚が指に伝わってくる。

 しかも、スピーカーからは本物の音をサンプリングした“ペリペリ音”。ときどき、失敗して紙が破れた音もする。手を離すとペリペリは元に戻るため、まさに∞(無限)だ。

 「お菓子などの箱にあるあけくちは“ジッパー加工”と呼ばれますが、めくるときは何ともいえないワクワク感があるものです。それをいつでも、どこでも何度でも楽しめる商品にしました」(バンダイ、プレイトイ事業部の亀田信司氏)。

 めくる部分は合成ゴム製で、本体はオモチャに一般的に使われるABS。にもかかわらず、徐々に破れていく紙の感覚を再現できた秘密は、ゴムの裏側に並んだいくつもの磁石だ。つまり、めくると磁石が1つ1つ離れていき、ジッパー加工のつながった部分が1つずつ破れるときの感触を再現するというワケ。「機構としてはシリーズ中で最も凝ったものになっています」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081002-00000045-zdn_lp-sci




∞(ムゲン)シリーズの記事

∞(むげん)プチプチ

http://ameblo.jp/josquin/entry-10037693626.html


∞(むげん)プチプチ「ぷち萌え」

http://ameblo.jp/josquin/entry-10071586946.html


∞(むげん)エダマメ

http://ameblo.jp/josquin/entry-10085371292.html


∞(むげん)エダマメ 「豆しば」バージョン

http://ameblo.jp/josquin/entry-10131559322.html



関連商品の記事

プニッとやみつきにゃウンド肉球

http://ameblo.jp/josquin/entry-10107402620.html

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。