スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュディ・オング倩玉(せいぎょく) 木版画の世界展



京阪百貨店守口店でやってます。

ジュディ・オングさんが木版画をやってられるとは全く知りませんでしたが、とてもキレイで、素晴らしい版画ばかりでした。
普通に木版画らしいものから、木版画とは思えないようなカラフルかつ緻密なものまで色々ありました。

2mぐらいの大きさの版画って、彫るのも大変だけど、刷るのも大変だろうなぁ。
増してや多色刷りとなると、紙を版木に正解に乗せるだけでも難しそう。

入場無料なので、見て損はありません。
ってか、近くの人はぜひ見に行ってください。





ちなみに展示されている版画は購入可能です。
一番安いのでも10万円とかだったようですが。

版画は、その気になれば大量印刷出来ると思いますが、普通は何枚ぐらい刷るんでしょうね?




ジュディ・オング(翁倩玉)木版画集「万紫千紅」
ジュディ・オング(翁倩玉)木版画集「万紫千紅」


ジュディの中国絵画っておもしろい
ジュディの中国絵画っておもしろい



DREAM PRICE 1000 ジュディ・オング 魅せられて
DREAM PRICE 1000 ジュディ・オング 魅せられて



Wikipediaより

ジュディ・オング (本名:翁倩玉(ウォン・チエンユィ= Wēng Qiànyù)・英語名:Judy Ongg・帰化名:翁玉恵(おきな たまえ)だったが現在は翁ジュディ)は1950年1月24日・台湾出身の歌手・女優・版画家(版画家としては倩玉の名を使っている)。上智大学国際学部卒。出生地は台北市、貫籍(本籍地)は台南縣柳營郷。なお、語学が得意な彼女が話す言葉は母語である台湾語(福建系の閩南語)のほか、日本語、英語、北京語(中国の標準語)、スペイン語の5言語である。英語名であるオングは、台湾語泉州音による彼女の姓名(Ong1 Chhian3-gek8)から来ていると考えられる。


1975年、棟方志功門下の版画家・井上勝江氏に師事、木版画家としての道がスタートする。以降1993年には初の個展開催、その後も日本国内をはじめ、台湾各地、ドイツ、フランスといった海外でも木版画展を精力的に開催している。版画では日展入選をはじめ、数々の賞を受賞しており、1995年には白日会正会員となっている。日本家屋をテーマとした作品は評判が高く、2003年には宇治の平等院鳳凰堂を100号の作品に仕上げた「鳳凰迎祥」が8回目の日展入選を遂げ、2005年3月、同作品が平等院に奉納された。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。