スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロテープを剥がすとX線が発生

ガムテープやセロハンテープを勢いよくはがすと光ることがあることは知ってましたが、X線まで発生していたとはびっくりです。

しかも、指の骨の撮影ができるほどの強度だそうです。


UCLAの研究者による研究です。



粘着テープを勢いよくはがすと…エックス線が発生、骨の透視撮影も
10/23 09:23更新
 市販のセロハンテープを勢いよくはがすと、瞬間的にエックス線が発生し、その強さは指の骨を透視撮影できるほどであることを米カリフォルニア大の研究チームが突き止めた。23日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 物質の破砕や摩擦の力学的エネルギーが光に変わることがあり、この現象は「摩擦ルミネセンス」と呼ばれる。暗闇で氷砂糖を強い力でつぶしたり、今回のように粘着テープをはがしたりすると、閃光(せんこう)を発する場合があるという。

 研究チームは、真空装置の中に市販のセロハンテープを設置。モーターを使って毎秒3センチの速さで引きはがし続け、放たれる光だけでなく電磁波も計測した。その結果、電磁波はエックス線領域にまで広がり、非常に短い間隔で断続的に発生していた。このエックス線を使って指の骨を透視撮影することにも成功した。

 テープがはがれる際の動きは常に滑らかなわけではなく、ひっかかったり滑ったりを繰り返すため、発生するエックス線は断続的なパルス状になるとみられるという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/189224/



HIGHLIGHTS

Cover Story: テープをはがす:粘着テープをはがすと摩擦ルミネセンスによりX線が発生する

http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=68960



論文

テープ剥離の際のナノ秒X線閃光と固着すべり摩擦の相関関係
"Correlation between nanosecond X-ray flashes and stick?slip friction in peeling tape", Carlos G. Camara, Juan V. Escobar, Jonathan R. Hird, Seth J. Putterman, Nature, 455, 1089-1092 (2008)
doi:10.1038/nature07378

http://www.nature.com/nature/journal/v455/n7216/full/nature07378.html

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。