スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイゼリヤからピザ代を騙し取った高校生が返金

「サイゼリヤ」の中国製ピザにメラミンが混じっていた問題で、高校生が「サイゼリヤ」から不正返金を受けたことをmixi(ミクシィ)日記で告白していたのですが、謝罪して返金したそうです。

「返金済みで、反省もしている」として厳重注意にとどめ、詐欺容疑での立件は見送るそうです。


mixiは退会したみたいですが、「2ちゃんねる」では本名や高校名もさらされて、えらい騒ぎです。



「ピザ食ってないのに」 サイゼリヤに返金求め「稼いだ」とSNS日記に“告白”
2008年10月22日 21時07分 更新
 レストランチェーンのサイゼリヤのピザにメラミンが混入した問題に絡み、未成年とみられる男性が「ピザを食べていないのに返金を要求して稼いだ」などと大手SNSの日記に記し、「2ちゃんねる」などで「犯罪だ」などと指摘が相次ぐ騒ぎになっている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/22/news112.html



<メラミン>食べてないのにピザ代だまし取る 千葉の高校生
10月25日2時30分配信 毎日新聞

 イタリアンレストランチェーン「サイゼリヤ」のピザにメラミンが混入した問題で、千葉県立高校3年の男子生徒が、ピザを食べていないのに代金返還を求め、約4000円をだまし取っていたことが分かった。生徒がこのことをインターネット上で告白したため、通っている高校に問い合わせが殺到し、特定された。生徒は店に謝罪して返金、県警八千代署に自ら届け出た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081025-00000014-mai-soci

http://news.livedoor.com/article/detail/3873034/



サイゼリヤに不正要求の高校生、謝罪して返金
2008年10月24日 00時21分 更新
 中国製ピザに微量のメラミンが混じっていた問題で、イタリア料理のファミリーレストランチェーン「サイゼリヤ」(埼玉県吉川市)が異例のレシートなし返金に踏み切った。2002年の牛肉偽装事件では、無条件返金に踏み切って不正請求が相次いだが、今回も偽装被害者が続々と出現している。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/24/news017.html


記事のリンク先を読んでいただけばわかりますが、サイゼリアのレジ(POSシステム)にいつ、何の売上があったかの記録が残っています。

ウソつくと、詐欺でタイホってこともありえます。




メラミン混入が発覚する直前の関連ニュース

外食不況のなか“ギャル曽根効果”で客足急増のサイゼリヤ
2008年10月20日12時52分 / 提供:ダイヤモンド・オンライン

 原燃料高や景気後退懸念により、客足が本格的に減り始めた外食産業では、不況の影が色濃くなっている。しかしそんななか、ひとり気炎を上げている外食チェーンをご存知だろうか?

 サイゼリヤと言えば、サイフの中身を気にせずに食事ができる庶民の味方。誰しも一度は訪れたことがあるだろう。各種パスタ・ピザ、グラタンドリア、フレッシュチーズ、プロシュート(パルマ産熟成生ハム)、エスカルゴのオーブン焼きなど、本格的なイタリア料理を1品200~300円からという「超お手頃価格」で提供するのがウリで、今や全国で775店舗まで拡大している。


 ところが一方で、直近の同社の客足増に貢献した最大の要因は、なんと人気大食いタレントのギャル曽根さんによる「宣伝効果」だという。いったいどういうことなのか?

 きっかけとなったのは、7月18日にTBS系列の人気番組「ランキンの楽園」のなかで放送された「ギャル曽根が食べまくって決める サイゼリヤのうまい料理ランキン」という1コーナー。ギャル曽根さんと人気お笑いユニット・森三中の大島美幸さん、村上知子さんらが、とあるサイゼリヤの店舗を訪れ、店のほぼ全商品(約70品)を食べまくって、気に入った料理をランキングするという企画である。
http://news.livedoor.com/article/detail/3865490/

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。