スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小塚崇彦さん フィギュアスケートGP初優勝

小塚崇彦さんがフィギュアスケート、グランプリシリーズ第1戦のスケートアメリカで優勝したそうです。
まだ19歳。
高橋大輔さん、織田信成さんに続いて、楽しみな選手が出てきましたね。



小塚が逆転でGP初優勝 スケートアメリカ
15:56更新
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第2日は25日、米エバレットで行われ、男子フリーで小塚崇彦(トヨタ自動車)が1位となり、ショートプログラム(SP)3位からの逆転で、GP初優勝を果たした。小塚は合計226・18点。昨季の世界選手権3位のジョニー・ウェア(米国)が2位だった。(共同)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/190140/



○男子の小塚が初優勝=女子SPは安藤2位、中野3位-スケートアメリカ
2008年10月26日15時53分 / 提供:時事通信社
http://news.livedoor.com/article/detail/3874094/



YouTube

小塚崇彦インタビュー チュッキョフィギュア

http://jp.youtube.com/watch?v=xv_Wrk0ttRo


Takahiko Kozuka 2008 Skate America FS






Wikipediaより
小塚 崇彦(こづか たかひこ、ラテン文字:Takahiko Kozuka, 1989年2月27日 - )は、日本の男性フィギュアスケート選手。愛知県名古屋市出身。中京大学附属中京高等学校を経て、トヨタ自動車所属、社会人学生として中京大学体育学部在学中。血液型B型。2005年のJGPファイナルで日本人男子として初優勝。2006年の世界ジュニア選手権では日本人男子として3人目の世界ジュニア・チャンピオンとなった。


父小塚嗣彦は1968年グルノーブルオリンピック男子シングル日本代表で、祖父、母(小塚幸子、旧姓・坂野)、叔母(坂野浩子)もフィギュアスケート選手であったことから、日本フィギュア界のサラブレッドと称される。高橋大輔、織田信成に続く、2010年バンクーバーオリンピックの期待のホープとしても注目されている。
永年実父・嗣彦らの指導のもと研鑽してきたが近年になり佐藤信夫・久美子夫妻の指導を受けるようになった。



昨日のSP終了時点で3位だった記事

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。