スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭用プラネタリウム『ホームスター EXTRA』 12万個の星を再現

すごいものが発売されます。

肉眼では見えない8等星までの星が映せる家庭用(?)プラネタリウムです。


家庭用プラネタリウム 「ホームスター EXTRA」
家庭用プラネタリウム 「ホームスター EXTRA」


一応家庭用らしいですが、割引価格でも5万円以上するので、よほどの人しか買えないでしょう。

星空を楽しみたいだけなら、「大人の科学マガジン Vol.09」ふろくのピンホール式プラネタリウム(2200円)をオススメします。(組み立てる必要あり。)


大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム ) (大人の科学マガジン)
大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム ) (大人の科学マガジン)



「12万個の星を再現」家庭用プラネタリウムの最高級モデル:セガトイズ
2008年10月31日 WIRED VISION
セガトイズは、家庭用プラネタリウムとしては世界初となる12万個の星空を再現した『ホームスター EXTRA(エクストラ)』を12月下旬に発売する。希望小売価格は6万900円。

『ホームスター』は、プラネタリウムクリエイターとして世界的に活躍する大平貴之氏と共同開発した家庭用プラネタリウム。業務用と同じ光学レンズ方式を採用したリアルな星空が特徴で、2005年8月の発売以来、シリーズ累計で約24万台を販売している。

新発売のEXTRAは、ホームスターシリーズの最高級モデル。レンズと原板を再設計。一等星の投影サイズを従来の50%以下にするなど、より微細でリアルな星空を再現した。また、従来の5倍の明るさの14W超高輝度LEDを光源に採用し、間接照明の微光があるリビングなどでも星空を楽しめるようにした。

http://wiredvision.jp/blog/gadgetlab/200810/20081031211510.html



肉眼を超えるリアリティー:「ホームスター」最上級モデル“EXTRA”の仕様が明らかに
 この冬、人気の家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」(ホームスター)にシリーズ最上級モデルとなる「HOMESTAR EXTRA」(ホームスターエクストラ)が追加される。光源からレンズ、原板にいたるまで、すべてが新設計。肉眼で見える星空を超えた映像を見せてくれる。
 現在の主力モデル「HOMESTAR PRO」(ホームスタープロ)は、6.5等星までの星を投影できる。その数は約8600個で、天の川を構成する約6万個を合わせ、約7万個の星を描き出す(カタログ上は便宜的に1万個と表記)。もともと肉眼で見える星は6.5等星が限界といわれているため、ある意味でリアルな仕様といえるだろう。ただ、光源が3ワットの高輝度白色LEDということもあり、室内を暗闇にしないとキレイな星空を見ることは難しい。
 EXTRAが投影する星は、8等星までの約4万5000個。これに天の川の約7万7000個を合わせ、およそ12万2000個になる予定だ。肉眼で見ることのできる星空を超えたことになる。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0808/28/news015.html




ホームスターの下位モデル


家庭用プラネタリウム 「ホームスター プロ」 メタリックブラック
家庭用プラネタリウム 「ホームスター プロ」 メタリックブラック

家庭用プラネタリウム 「ホームスター ピュア」 ブラック
家庭用プラネタリウム 「ホームスター ピュア」 ブラック

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。