スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高生棋士 里見香奈さんが倉敷藤花

タイトル初挑戦の女子高生棋士の里見香奈さん が、清水市代さんに勝って、倉敷藤花になったそうです。

今期は17戦16勝1敗だそうで、圧倒的な勝率です。


制服姿(ブレザー)の写真と棋譜は

大山名人杯倉敷藤花戦

http://tohka.kusa.ac.jp/16/index.html


里美香奈さん、なかなかカワイイです。



第2局は圧勝という感じですが、最後、清水さんは合い駒(間駒)しても無理なんでしょうか?

合い駒しても詰めろの連続になりそうですが、詰んでるんですか?




16歳高校生リベンジ 「倉敷藤花」射止めた

配信元:SANKEI EXPRESS 02:13更新
 将棋の清水市代倉敷藤花(女流王将)に16歳の里見香奈女流二段が挑戦していた「第16期倉敷藤花戦3番勝負」の第2局は23日、岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で行われ、午後3時49分、133手で先手の里見さんが勝ち、2連勝で初タイトルを獲得した。里見さんは島根・大社高2年生。16歳8カ月での初タイトル奪取は、林葉直子元女流名人(14歳3カ月=女流王将)、中井広恵女流六段(16歳6カ月=女流名人)に次ぐ3番目の年少記録となる。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/198398/



将棋界にニューヒロイン!!16歳女子高生棋士・里見2段初タイトル…「倉敷藤花」奪取
2008年11月24日08時15分 / 提供:スポーツ報知
 新女王は16歳-。女流将棋の「第16期大山名人杯倉敷藤花戦」3番勝負の第2局が23日、岡山県倉敷市の倉敷市芸文館ホールで行われ、先手の里見香奈女流2段(16)が清水市代倉敷藤花(39)を133手で破り、初の公式タイトルに輝いた。16歳8か月でのタイトル獲得は女流棋士史上3番目の若さ。12月3日には、アルゼ杯女流名人位戦(報知新聞社主催)挑戦者の座を懸けて再び清水と争うが、ニューヒロインの勢いは止まりそうにない。

☆制服 対局時はいつも学校の制服を着用。中学時代は「セーラー服棋士」としても話題になったが、現在通う高校の制服はブレザー。
 ◆第35期女流名人位戦挑戦者の行方 矢内理絵子女流名人の挑戦者を決めるA級リーグは、終盤を迎えている。8局を終えて、里見は7勝1敗でトップ。清水、千葉涼子3段が6勝2敗で続いている。最終9局目は、12月3日に行われ、里見は清水と対局。里見が勝てば、初の女流名人位戦への登場となる。里見が敗れると、挑戦者決定は清水とプレーオフに。さらに千葉も上田初美2段との最終9局目に勝てば、7勝2敗で星が並び、里見、清水との3者プレーオフで挑戦者が決まる。

http://news.livedoor.com/article/detail/3912460/




Wikipediaより

里見 香奈(さとみ かな、1992年3月2日 - )は、日本の将棋の女流棋士。島根県出雲市出身。森雞二九段門下。女流棋士番号57。

島根県立大社高等学校在学中。

キャッチフレーズは『出雲のイナズマ』。中学時代のあだ名は「かなじょ」。

得意戦法は中飛車で、力戦調の中飛車からゴキゲン中飛車まで指しこなし、相振り飛車も得意にしている。


6歳で将棋を始め、2002年、小学5年生でアマ女王戦に優勝する。
2003年後期(10月)に女流育成会入会。この期から育成会の制度が変わり、A級・B級の2部制から全育成会員との総当たりになったが、2期連続で1位の成績となり、2004年10月に中学1年生(当時史上4番目の年少記録)で女流棋士となる。


2008年11月23日、第16期倉敷藤花戦三番勝負で清水市代に2連勝し、林葉直子・中井広恵に続く史上3番目の若さで初のタイトル獲得。同日付で女流三段に昇段した。


『キラリっ娘のそよ風日記』(キラリっこのそよかぜにっき)というタイトルで、ブログを公開している。執筆者は里見のほか、関西将棋連盟所属の女流棋士である井道千尋、室田伊緒の3人での共同執筆。

http://kics.jugem.jp/


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。