スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改正迷惑メール法施行

6月6日に公布されていた改正「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」、通称「迷惑メール規制法(防止法)」が今日(12/1)施行されました。


一番の改正点は「オプトイン方式」で、あらかじめ同意を得た人にしか広告メールは送れなくなります。


これで迷惑メールの量がグンと減るはず。




迷惑メール規制法が改正、オプトイン方式の導入や罰金額を30倍に引き上げなど
2008年05月30日13時40分 / 提供:GIGAZINE
・オプトイン方式の導入
取引関係にある場合などを除いて、あらかじめ送信に同意した相手に対してのみ広告宣伝メールの送信を認める「オプトイン方式」が導入されます。また、送信に同意した相手から受信拒否の通知を受けた場合、送信を停止しないといけないとのこと。

なお、広告宣伝メールを送信するにあたっては、送信者の氏名や名称、受信拒否の連絡先となるメールアドレスやURLの表示が必須となることに加えて、同意を得たことを記録することを義務付けています。

・法の実効性の強化
送信者情報を偽ってメールを送信する、いわゆる「なりすましメール」に対して、プロバイダがメールの送信を拒否することができるようにしたほか、プロバイダに対して情報提供を求めることができるようになるとのこと。

そして迷惑メールを送信した法人に対しては従来の100万円以下の罰金から、3000万円以下の罰金へと罰則を強化するとしています。

・その他
迷惑メール対策を行う外国の機関に対して情報提供を行えるようにすることに加えて、海外発国内着の電子メールが規律対象となることが明確化されています。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080530_spam/
http://news.livedoor.com/article/detail/3662477/




“オプトイン”導入の迷惑メール法改正、事業者への影響は?

2008/11/06 19:01 INTERNET Watch

迷惑メールに関する法律では、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特定電子メール法)」と「特定商取引に関する法律(特定商取引法)」が改正され、12月1日に施行される予定となっている。両法の改正では、ユーザーの事前同意なしに広告・宣伝メール(特定電子メール)を送信することを禁ずる、“オプトイン規制”の導入が目玉となっている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2008/11/06/21438.html


12月改正の「迷惑メール防止法」に総務省がガイドライン
2008年11月17日12時08分 / 提供:CNET Japan
http://news.livedoor.com/article/detail/3903181/




関連記事

迷惑メールでアフィリエイターが逮捕
迷惑メール規制強化


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。