スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理科授業増で1校400万円以上必要?

実験器具が高いのはわかりますが、1校あたり400万円~550万円とは!

昔使っていた器具とか無いのかな?


簡単なものは作ればいい・・・と一瞬思ったけれど、時間をかけても理科の先生の給与が上がるわけでもないので、やっぱり買えるものは買うべきだな。


新しく買うにしても、いろいろ工夫すれば減らせるでしょうし。



理科授業増 実験器具費負担に
12月11日 5時31分

 小学校と中学校の理科の授業が来年度から大幅に増えるのに伴って、実験で使う器具などを新たに購入するのに必要な費用は、小学校で1校当たり400万円近く、中学校では、およそ550万円に上る見通しであることがわかりました。

 小学校と中学校の理科と算数・数学の授業は、基礎的な知識の定着を目指す新しい学習指導要領に基づいて、来年度から大幅に増えることになっています。教育用機器のメーカーや販売会社でつくる日本理科教育振興協会は、理科の事業時間が増えるのに伴って、学校が必要となる実験器具や模型を新たに購入するための費用を試算しました。それによりますと、小学校では、新たに学ぶ「発電の仕組み」の学習に必要な「手回し式の発電機」や、「人の体のつくり」を学ぶ「人体解剖模型」など、あわせて55の器具が必要になって1校当たり395万円余りの費用がかかる見通しだということです。また、中学校では、「圧力」を学ぶための実験道具などあわせて76の器具が必要になり、費用はおよそ550万円に上る見通しとなりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/k10015927931000.html

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。