スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リネージュRMTで有罪判決 韓国

韓国で作られた「リネージュ」という多人数同時参加型オンラインRPG(MMORPG)のリアルマネートレード(RMT:ゲーム内のアイテムなどを現金で売買すること)で、有罪判決が出たそうです。

韓国の話なので、どのような法律に基づいているのかはよくわかりませんが。


めったに手に入らないアイテムとかがあったら、欲しくなる気持ちはわからないではないです。

でも、だからといって、現金を払ってまで買おうという気持ちはよくわかりません。




リネージュRMTで有罪判決、市場に存続の危機

12月25日9時18分配信 YONHAP NEWS

【釜山24日聯合】人気オンラインゲーム「リネージュ」のゲームマネーを現金で取引するリアルマネートレード(RMT)を行い略式裁判で罰金宣告を受けた現金取引業者らに、正式裁判でも有罪が言い渡された。
 RMT市場で流通するゲームアイテムとゲームマネーの相当数は、現金取引業者らが供給している。これら業者が有罪宣告を受けたことで、すでに1兆ウォン(約690億円)規模を超えると推定されるRMT市場は、存立基板そのものが危ぶまれることになった。


 ゲームアイテムやゲームマネーなどの金銭的価値をめぐる論議も改めて浮上することになりそうだ。ゲーム業界は、ゲームの中の資産に対し「オンラインゲームのゲームマネーやアイテムは実際の物品ではなくプログラムにすぎず、所有権は開発者にあり、現金取引も不可能だ」との立場を取ってきた。これに対し、ゲームユーザーらは「ゲームマネーやアイテムは、ゲームの中で現実の物品と同様だ」と主張し、すでに高価のアイテムは数百万ウォンで取引されている現状で、デジタル資産に対する保護が必要だと訴えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081225-00000002-yonh-kr

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

pandan55

Author:pandan55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。